スタジアム

icon防音室の設置の仕方

音楽や楽器演奏を趣味または職業としている方では、ドラムスタジオ設備を所有している方もいます。
このようなドラムスタジオを設置する際に、必ず検討しなければならないのは防音工事です。
快適に使用するためには、防音以外にも、振動や反射音、残響音など外部環境との関係以外に、内部空間の音響についても考慮する必要があります。
ドラムは他の楽器よりも、床に直接置いたドラムを足でキックするなど、演奏による振動が発生しやすく音響が滅衰しにくいといった特徴があります。
そのため、打楽器特有の音の特徴を考慮した防音工事を行います。
防音が難しいので、ピアノなど他の楽器室よりも高度な施工が必要です。
そのため、信頼できる施工業者を探すことが重要です。

施工業者を探す際は、ドラムスタジオである旨を伝え、丁寧に要望をヒアリングして、依頼者と防音工事の目的を共有し、適切な提案をしてくれる業者を選んでください。
疑問に答えてくれる、何度も打ち合わせを行って設計を詰めていくことで、より良いスタジオを造ることができます。
自宅やマンションなど様々な場所にスタジオを設置し、防音工事を希望している方がいます。
元々の住宅の構造で、どれくらいの防音工事が可能であるかは異なります。
構造的に強い鉄筋コンクリート造は、木造よりも適していますし、天井と床、左右の壁を挟んで隣室と接している場合は、考慮すべきことが多いので、スタジオの構造的にも、1階や地下室が選ばれることが多いです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031