悩み解決!

痔に関する回避方法と症例を紹介していきたいと思います。
痔になる原因をまず紹介していきます。
まず1つ目は、便秘が原因と言われています。
便秘になると腸内に便が溜まって、肛門部分を圧迫し血流が悪くなるので
さらに便秘だといきむことが多くなりイボ痔や切れ痔になったと原因の一つになります。
2つ目は先程も紹介したとおり排便の時にいきむ事です。
自然に出るようにすれば肛門部分を傷つけずに排便することが出来るのです。
3つ目は同じ姿勢であることです。
同じ姿勢だとどうして“じ”になるの?と疑問だと思いますが、肛門部分がうっ血することが症状の原因になります。
30分に一回くらいは姿勢を変えたりリラックスし血流をよくしたりした方がいいです。
4つ目は、下痢です。
便秘もダメなのですが下痢もよくないのです。
下痢をすると肛門部分を刺激し勢いもあるので傷つき原因の元です。
5つ目は体温の冷えです。
うっ血が原因なので冷え性の方は特に下半身を冷やさないように温める努力をしましょう。
6つ目は刺激物も原因なのです。
刺激物もそうですがタバコと・お酒もあまりよくないので適度な量にしましょう。
7つ目は健康状態です。健康状態と何が関係あるの?と思いますが免疫力の低下も細菌の感染で痔になることもあります。
8つ目清潔に、清潔にしないのもよくないのもあり原因にもなります。






What's New

2013/02/12
新着情報3を更新。
2012/11/13
新着情報2を更新。
2012/07/20
新着情報を更新。
2012/04/06
軟膏を更新。
2012/04/06
治療方法を更新。
2012/04/06
服薬を更新。
2012/04/06
症例を更新。
2012/04/06
痔の悩み一覧を更新。
2012/04/06
ホームページリニューアル

Recommend Entry

早期治療

痔にしてもそうですが、病気は早期治療をしないとその病気と一生の付き合いになるかも知れませんよ。それが嫌なら恥ずかしがらずにまずは病院に行きましょう。

痛いどころではない

痔なんて周りに恥ずかしくてとても言えませんよね(笑)ましてやそれがひどくなってしまっては本当に危険な病気に発展してしまいます。早急な対応を心がけましょう!

悩みはやっぱりコイツ

健康の価値は、失って初めて認識できるといいます。多くの人の悩みとなっている病気や怪我、または症状に痔を挙げることができます。この症状により、イスに座りたくても座れないという人もたくさんいます。なお、近年ではこれらの治療法も確立され、比較的悩む方は減っているという現状があります。今現在これらの症状でお悩みの方は、是非専門家にご相談してみてはいかがでしょうか。